「キューリンク」タグの記事一覧

Qlink(キューリンク)

Qlink共同創設者兼COO:Susan Zhouさんとのインタビュー 実はスーザンさんとはQlinkのオフィスがある香港の空港で、スーザンさんが韓国出張に行かれる3時間前に会って話していたのですが、インタビューをする場所がなかなか見つからず、ようやく落ち着けた空港のラウンジから途中で追い出される羽目に。 その2日後、たまたまお互い上海にいたので、そこでリベンジ・インタビューをさせていただきました。 以下がインタビュー内容です。 Q:はじめに、Qlinkとは? まず、Qlinkは分散型のモバイルネットワークです。モバイルネットワークとは何か?それはルーターを通じてインターネットに接続することです。たとえば、WiFiや通信データなどです。 私たちはこのモバイルデータが、きわめて中央集権的に運用されていると考えています。会社でいうと、AT&TやNTTドコモ、また中国にはチャイナ・モバイルがありますが、これらの会社はインフラをすべてコントロールしており、私たち全員のアカウントもすべて管理するソフトウェアを持っています。 現在こういったサービスを提供できるのは、数少ない大手企業のみです。でもこの業界には、全世界で23億人の利用者がいるのです。したがって、これは私たちの生活に非常に重要なものなのです。 Qlinkとして、私たちがやりたいことは、ブロックチェーン技術を通じて通信関連のリソースの公平な利用と分配を支援することです。たとえば、今世界には3億のWiFiホットスポットがありますが、新しいところに行ったときに、毎回WiFiのパスワードを訪ねる必要がありますよね。 それは現地の人たちが自分たちのWiFiをシェアしたくないし、シェアするインセンティブがないからなのです。ブロックチェーンを活用すれば、シェアリングを可能にするプロトコルを改善することができ、ネットワークに参加する人全員が、WiFiをシェアする際に報酬を得られるようになります。 なお、これは私たちがやろうとしていることのほんの一例に過ぎません。最終的に私たちがやりたいことは、ネットワーク利用のためのパブリック・チェーンを構築することです。 つまり、すべての分散型アプリ(Dapps)がQlinkのパブリック・チェーン上で実装されていること、それが私たちが目指していることです。 Q:となると、Qlinkはインフラに近いのでしょうか? はい、私たちはインフラです。立ち位置でいうと、パブリック・チェーンの一番下であるソフトウェアのレベルになります。また、私たちはキューリンク・ベースステーションもローンチ予定です。それは家にあるルーターのようなものなのですが、POWやPOSのマイニングができるものです。 そうすることによって、自分のコンピューターの処理能力やネットワークを周りの人とシェアすることが可能になります。 Q:スーザンさんとQlinkメンバーの経歴について教えてください。 私は投資銀行出身で、背景としてキャリアはずっと金融でした。それでブロックチェーンが現れたとき、私は人々の生活を変える大きなチャンスだと思ったのです。創設者に関しては、Qlinkのチーフ・アーキテクトであるアレン・リーとは5年以上の知り合いで、彼がキューリンクを始めようとしたときに、私を誘ってくれたのです。 また、トニーは私の前職であるロディアム・キャピタルのパートナーで、3年間ほどM&Aの仕事を一緒にしていたのですが、彼がロジャー・リムを連れてきたのです。 ロジャーはウェブ・ビジョンズという東南アジア最大のデーターセンターの創設者でその会社をプライベート・エクイティ会社に売却し、今はキューリンクの取締役会の一員です。 私たち3人は、Qlinkのビジネス・ローンチを担当しています。ちゃんと商品をローンチさせて、それを活用するユーザーを増やしていき、また、各国でのブロックチェーン・ソリューションのビジネスケースを作っていくことなどです。 Q:Qlinkはビジネスとエンジニアリングのとても良いバランスが取れたチームだという印象を受けました。Qlinkのチーム構成について詳しく教えていただけますか。 アレンが開発の責任者で、彼の下には既に9人の開発者たちがいます。ここにはケータイを持ってきていませんが、私たちが最初にリリースした商品はWiFiのシェアリングが可能な分散型アプリです。また、Qlinkウォレットも完成しました。この二つが既に完成した商品でアレンがその開発の指揮をしています。 彼にとって次のプロジェクトはQlinkのパブリック・チェーンになります。これは私たちにとっても非常に重要な部分であり、新しい人たちの採用やチェーンの構造開発などもアレンの管理下になります。 私の領域はどちらかというと、マーケティングと戦略的なパートナーシップのほうで、ロジャーとトニーは戦略と投資を管理しているので、私たちの資金調達や管理を手伝ってくれています。 なぜなら、ICOでの資金調達は済んでいるので、このままずっと事業を続けていくためにも、チームが必要とするリソースを十分に確保しておくためです。同時にQlinkラボというプロジェクトもあり、それはネットワークにかかわるすべてのプロジェクトを支援するというものなのです。 つまり、もしあなたがネットワークサービスの利用をより便利にするような分散型アプリの開発を行っている場合、たとえばデータ通信の帯域幅のシェアリングや、通信データの支払いなどです。例として、ナイジェリアのような発展途上国では、郵便局までわざわざ行かないと支払いができないのです 毎回USドルを現地の通貨に変換して支払うため、実際のところ、あまり便利ではありません。私たちがやりたいことは、現地での仮想通貨やQlinkのコインであるQLCが利用できる環境を整備して、その国での通信関連の請求を簡単に済ませられるようにすることです。 私たちはQlinkが様々なシナリオや分散型アプリが実現できる環境を世界中の開発者たちのために用意し、常にそのエコシステムを支援するための資金が十分ある状態を維持しなくてはならないのです。 Q:商品の開発状況はいかがでしょうか。 チームはとてもうまくやっていると思います。開発チームは既に4年間一緒に働いてきたメンバーによって構成されており、一つ前の商品は、バーチャルなパーソナルWiFiルーターだったのです。それはケータイのような端末なのですが、画面はなく、持ち運び自由で、世界中どこに行っても、モバイルデータが持ち運べるという商品だったのです そういった過去の開発を経て既に仲の良いメンバーたちなので、商品開発ペースも比較的早く進んでおり、今は毎週、商品の新しいバージョンをローンチしています。したがって、毎週土曜日に私たちのGitHubページは更新されており、商品ページには、ダウンロード可能なATKがあります。 ブロックチェーン上に実用性のある商品を毎週ローンチできるチームはあまりないと思うので、とても誇りに思っています。 Q:今後のQlinkの成長に必要不可欠なものは何でしょうか。 ここでQlinkのための宣伝をさせていただきたいと思います。今Qlinkにとって最も重要なのは採用です。Qlinkにとって極めて重要なのはパブリック・チェーンだと考えているので、大勢の開発者が必要です。通信側の知識を持っているエンジニアたちはそろっているので、ブロックチェーンを理解している人材を探しています。ブロックチェーンを理解していて、私たちの仲間となり、Qlinkを次の次元へと成長させてくれるエンジニアを探しているのです。 Q:Qlinkの成長において、ビジネス開発の役割はいかがでしょうか。 ネットワークサービスは大きい業界なので、事業開発側は2つに分かれます。まずは分散型アプリや、現在弊社内で開発しているWiFiシェアリング、VPN、そしてSMSシェアリングなどです。今言ったようなサービスは顧客に直接提供できるものです。 したがって、この領域においては、プロジェクト・マネジメントやプロダクト・マーケティング・チームが各商品のユーザーベースが順調に増えていくよう管理していきます。 また、直接コミュニティーに対しても商品を試してもらい、フィードバックをもらったうえで、改良を続けていきます。 一方で、もう一つあるのはビジネス間でのやり取り(B2B)であって、そちら経由での商品ローンチは直接的なビジネス開発になります。その場合は、通信事業者やMNO・MVNO、クラウド事業など、ネットワークサービス業界各社にアプローチをします。私たちはそういった会社にQlinkのソリューションを提供し、リクエストをいただき、最終的にはそのリクエストに応じてカスタマイズをしたソリューションを納品するのです。それ専用のBDチームも用意する予定です。 また、モック(MOCK PAK LUM)もチームに参加してくれました。 彼はスターハブの元CTOで、非常につながりが多く、また回転の速い人なので、彼がチームの一員になってくれるのは私たちにとって大変うれしいことです。 高山:スターハブは二番目に大きいんでしたっけ? そうです、スターハブはシンガポールで二番目に大きい通信事業会社です。それだけでなく、モックの通信業界における経験を通じて、東南アジアの市場を熟知しています。この市場は世界で最も成長が速い市場の一つなので、それは重要な武器にもなるのです。 Q:スーザンさんはこれから何をしていくのでしょうか。 私はQlinkの代弁者として、マーケティングとPRおよび戦略的パートナーシップにかかわる業務を指揮していきます。したがって、Qlinkのコミュニケーション戦略にかかわるもの、それは仮想通貨に投資している人たちや、今私たちのコミュニティーに参加してくれている人たち、あるいは、このプロジェクトにとって欠かせないビジネスパートナーたちとのコミュニケーション。それはすべて私の管理下になります。 また、最も重要なのは取引所との関係です。なぜなら、私たちはユーティリティ・トークンであり、1回あたりの交換量が小さく3-4 QLC程度です。したがって、私たちは取引所との関係構築に励んでおり、QLCが世界中のどの市場でも買えるようにしたいのです。そのような活動も私の役割になります。 高山:なんだかいろいろとやることがあって大変そうですね。 そうなんです。でも少なくとも、会社には貢献できているかなと思っています。(笑) Q:具体的にはどういった対外的コミュニケーションを行っているのでしょうか。 二つの段階に分けて考えています。まずは伝統的なビジネス。彼らに対しては、ブロックチェーンの理解促進、またどうやって彼らの問題を解決できるのかを伝えていきます。 もう片方は既に「仮想化」されているビジネスです。彼らの場合は、データやコンテンツの供給をQlinkのネットワークを通じてできます。この二つの領域が現在フォーカスしている点です。 […]

ページの先頭へ